茨城県から新潟県への引越し料金の目安と安い業者選び

茨城から新潟への引越しを予定されている方へ、このページでは
茨城から新潟への引越し概算見積もり額と引越し料金を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


茨城から新潟への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の料金が相場です。

上記は、茨城から新潟への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越し業者をどこにするかなんですが、引越し料金に定価とか相場ってあるんでしょうか?いくつかの引越し業者の見積を比較して、一番条件のよい業者に決めるのがよいです。引越し業者によって得意不得意もありそれで料金も違うようです。引越しの見積もりによって、各引越し会社の料金の違いやどこが一番サービスがよいのか、比べてから選ばないと損をすることがあります。前もって見積もりをしてくれるのは、どこの引越し業者でもやっています。実際にどうやって見積もりしてもらうかというと、引越し業者に電話をして見積もりを依頼します。すると引越し会社の担当が来て、料金を計算してくれます。引越し料金の計算方法というのは、基本的にどこの業者も似たようなものですが、荷物全体の容積がどのくらいになるのか、マンションの場合は何階か、エレベーターは使えるかなど確認します。そして移転先までも距離や何階か、エレベーターはあるかなど、といったことで見積もりの金額も変わってきます。見積をしてもらったら、それによって比較検討をするのですが、−社くらい引越しの見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じような場合は、各社の価格の違いというのがわかりますし、金額がだいたい同じくらいだった場合、サービス面で最もよい引越し会社を選ぶことになりますから、何社かの見積もりを比べて選ぶことで、安くてサービスもよい引越し会社を選ぶことができます。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金は、何をもとにして決まってくるのかということなのですが、引越し料金の内容についてなんですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから料金を計算しています。まず引越し料金の中の運送費ですが、運送費に含まれるのは基本的に運賃と作業料です。引越しに必要なトラックの大きさや作業時間はどのくらいかかるのか引越し先とはどのくらい離れているのかで引越し料金は違ってきます。大きなトラックが必要になれば当然引越し料金の金額は高くなりますし、当然ですが、使用する台数が多くなるほど引越し料金は増額になりますし、また、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は増額になりますし、それから、人件費に関しては、これは引越しの作業をするスタッフのことで、引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高い価格になります。そのつぎは梱包費と交通費というものですが梱包費はダンボールをはじめとする梱包材料や梱包作業が含まれます。交通費も、高速料金などですから使わなければ必要ありません。それから保険料がありますが、引越し業者によってある場合と無い場合があります。荷物の破損などのトラブルがあった際には保険がかけられているかどうかは重要なポイントになります。引越し料金はこのような内訳になっています。それそれの業者によって無料サービスになっている場合などもあり、3社くらいを比較をしてお得な業者を選ぶのがよいと思います。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しの見積もりがインターネットでもできます。引越しのオンライン見積もりってご存知でしょうか?利用方法は、連絡先や必要な事項を入力して送信すると一回入力をするだけで、多数の引越し業者に見積もり依頼をすることができるというのがこのシステムを使う人が増えている理由です。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、このシステムを利用すれば一度の作業で全部できてしまうので、多くの人が利用するようになってきているようです。ただ、この段階での見積もりでは、あくまで概算見積もりの範囲であり、具体的な引越料金を見積もりしてもらうには、実際の荷物や搬出経路などを確認して、見積もりをしてもらうという方法になります。インターネットの見積もりを使うことのよい点というをのは、自分で何回も引越し業者に見積もり依頼をしなくてもいいということで、各社の見積もり内容を比べることができるということです。多くの引越し業者の見積もりを比べることで最もお得に引越しができる会社がわかりますから、最もお得な会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は業者によってけっこう違いますから、引越しの見積もりをする際には使うとよいと思います。

 

■引越しの見積もり比較
引越し業者は、絶対に見積もりを比較してから選びたいですね。見積を比較する場合にはポイントになる点がありますどんなところに注目をしてみるとよいかということですが、まず、見積もりを比較する場合には、価格で比較するのはその他のサービスの面でも比べておくことが大切なことです。というのは、引越し会社各社から見積書をもらったら引越しプランが同じ場合でも、ダンボール他梱包材の違いがあったり、ハンガーボックスがつくのか、梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも引越しの見積もりを比べる場合には注意してみるとよいでしょう。例えば引越しのを依頼をすると特典として何かもらえるとか、そういう会社もあったりしますし、タンスの中身はそのまま出さなくてもよいこともありますし、タンスの中身を出さなければならないこともあります。引越し業者に見積もりを依頼するのは、数社から見積書を出してもらって引越しの見積もりを比較してみるのがいいですね。数社から見積書を出してもらうことによって、どの引越し業者が金額的に安いのか、サービスはどの引越し業者がいいのかということが判断できるのではないかと思います。ですから、引越し見積もりは、意外に金額さがあることもよくあることなので、何社かの見積もりを比べて選ぶと損をすることがありません。

 

■引越しと防震
防震対策を引越といっしょにやってしまうのは効率的ですね。ここ最近では、主な引越の会社さんでも引越し作業といっしょに防震対策をしてくれるサービスが用意されている業者も多くあります。地震対策のためのいろいろなグッズなども引越会社では用意しているようです。例として、引越し先に家具を運び込んで配置したら地震があったのために家具を固定しておく家具の固定金具を取り付ける方法ですとか、家具などをおく場合に下に免震用のシートなどをはさんでおくというのもあります。家具を全て配置し終わってから地震対策をしようと思ってもなかなか大変です。防震金具や免震シートなど見つけてくるのも大変ですが、引越し業者の人にやってもらえば、どうせ荷物を動かすついでなのでとても助かりますよね。引越しと防震ですが、引越し業者によってプランや取扱のある地震対策グッズは違っていますし、対策費用にも違いがあるのではないかと思います。引越し会社のホームページなどで確認してみると地震対策のオプションや方法、料金などが、たいていは掲載されているはずですからそちらを参考にしてサービスや料金を比べて見るとよいでしょう。引越の際に地震対策もやっておくということは、大切なことではないでしょうか。地震対策については引越し業者もそれほど勧めるわけでもないので、内容を確認して、こちらから頼むのが一般的のようです。

 

 

茨城から新潟への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の料金が相場です。

上記は、茨城から新潟への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
引越し業者をどうやって選ぶかということについてなんですが、引越し会社といってもいろいろな引越し会社があります。例えばよく名前を聞くような、大手の引越し業社だったり大手ではなくても、利用者から大変評判がいい会社もあります。まだ他にも、軽貨物運送業者などいろいろあります。引越し業社にはこのように種類がありますがどの引越し会社を選ぶのかは、自分の引越しに合った業者を決めればいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、レオパレスなどのような賃貸物件に住むという人もいるのではないかと思います。こういったケースですと、引越し専門業者などに頼む必要もなく、赤帽のような軽貨物運送業者に頼めば十分なのではないでしょうか。他にも、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、大手の引越し業社の単身引越しパックのようなものが用意されていますので、こういったサービスを依頼すればわりと簡単に単身の引越しができるのではないかと思います。そのように引越し会社を選ぶには自分の引越しの内容を考えてそれに合ったもので考えるのがいいと思いますし、また、引越し料金は業者によってかなり違いますので、数社から見積書を出してもらうようにして、価格を比べてみるだけでなく、どこまでの作業をやってくれるのかも確認して、一番お得な会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングというのは、これから引越しをする予定がある人にはけっこう役に立つ情報として使うことができますよ。引越し業者ランキングで上位にランクされているところは、対応の悪い業者にはあまりあたらないと思います。このランキングは、どこで掲載されているかというと色々な引越し業者を一括でオンライン見積もりをしてくれるサイトなどでランキングが掲載されています。いろいろなランキングがあったりして、料金が安かった業者のランキングですとか電話や営業マンの態度がよい業者の評価や引越しの作業をするスタッフの態度がよかったかとか、スピード、サービス全体などを見て評価がされ、ランク付けがされています。これから引越しをしなければいけない人にとっては、見積もりをどこでお願いしようかと迷っている人は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。そう思っていたら、このランキングを参考にしてみると、かなり参考にすることができて、役に立つものだと思います。ランキングといっしょに、利用者の感想なども書かれているものもあり、実際に、引越しを頼んで対応がどうだったかということが書かれているので、比較的安心して信頼できる情報だと思いますからとても参考になる情報ということができます。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者やプランの選び方についてですが、自分の荷物の量などの都合によって、引越し業者の選び方も変わってくると思います。例として、家族で引越しをする場合ですが、家族の人数が多いとそれだけ、荷物も多くなると思いますので、引越しは、それだけ大変になりますよね。小さな子供などがいれば、また、大変です。家族での引越しの場合には、それだけの作業量をこなす人数がいるかどいうかで、引越し業者やサービスパックを選択するのが賢明です。赤ちゃんがいる家庭の場合であったり、高齢者も一緒に引っ越しをする場合では、子供や高齢者の引っ越し準備もしてあげなければいけませんし、仕事をしていれば職場の引越しの準備もありますし、帰宅後とか、休日とか仕事のないときにしか引っ越しの準備もできませんので、思うように進まないのではないでしょうか。こういう人の場合では、梱包作業から全部請負ますというような、荷造りから全部引越し業者がやってくれるようなサービスのある引越し会社とそのサービスパックを選べば、引越しをするのも安心なのではないでしょうか。それに対して、単身引越しの場合は、自分の荷物だけですから、家族の引越しなどの場合と比較すれば、そうたいした荷物や作業の量もないのではないかと思います。引越し業者の単身パックのようなサービスを依頼すると、てっとり早く、わりと安い料金で引越しができると思います。一家そろっての引越しと違って、単身でしたら荷物も多くないので、その点も考えて引越し業者を選ぶようにすればいいのではないでしょうか。

 

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のらくらくパックというサービスがありますが、引越しのらくらくパックというのは各引越し業者でもパンフレットにありますが、名前やプランの引越し内容はそれぞれの業者で違うかもしれませんが例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックという名前になっていたと思います。日本通運はゆうゆうこんぽと呼ばれていたと思います。松本引越しセンターはたしかおまかせコースと呼ばれていたと思います。引越会社のほうで小さな荷物の荷造りも荷物の運搬作業まで何から何まで行ってくれるというプロの引越し業者が全部やってくれるパックになっている商品がいわゆるらくらくパックなのです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、不用品の仕分けなどといったことに関しては、自分であらかじめしておく必要があります。引越しのらくらくパックでは、梱包の解体をしてくれる引越し業者の場合も、荷解きしてダンボールなどを回収してくれますが、それ以上、全てやってくれるものでもありません。まあそれでも基本プランと比較すると少々お値段は高くなるとおもいますが、荷造りの作業から業者がやってくれますから忙しくて準備ができないときなどは助かります。小さな子供がいる人などは準備するのも大変だったりしますので、多少は料金が高かったりしても、便利でいいかもしれませんね。

 

■単身引越し
独身者など自分一人の引越しには、単身引っ越し向けのパッケージがあります。一人暮らしの人が自分だけ引越しをする場合は、家族で引越しをする場合とは、だいぶ事情も違ってきます。独身者でしたら、ふつうは家具や家電もそれほど大きなものはないですし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。単身引っ越しの場合は、家族の引越しにあるようなダンボールなどの無料サービスや保険などは、それほど必要ではないでしょう。それよりも少しでも引越しにかかる費用を安くしてほしいと思っている人も多いのではないでしょうか。自分一人で引越しをする場合には、荷造りも簡単だと思いますし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスをやっている引越し業者が多いです。単身赴任などの場合には単身用の、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランもあるので、それを申し込んだほうか、料金も安くなるのではないかと思いますし、それ用のコンテナなども用意されているので便利だと思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者でそのようなサービスがあると思いますので、各社の特徴などもチェックしてみて、単身、学生一人暮らしの引越しプランで探してみると、ちょうどいいものが見つかるのではないでしょうか。単身引っ越しは、家族の引越しのように大変でもないので、たいていは、それほど費用も高くならずに済んでしまうでしょう。

 

■自分で引越し
引越し業者に頼まないで引越しをしようとする人も多いのではないでしょうか。引越しを自分でやろうと思ったときのメリットもありますし、デメリットもあるので、一応考えておくのももよいかと思います。最初に、自分で引越しをする場合のよいところとしてはまずは、引越し業者の料金がいらなくなりますので、安く引越しができるということがあります。それから、自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し屋さんを頼めば確かに楽ですが、初めて会う引越し業者のスタッフに、なにをどこに運ぶかなど説明したり、予定外のこともなにかと起こりえますし、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。引越し業者を使わずに自分ですれば、家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、それなりに気楽に楽しく引越し作業ができるかもしれません。家族や仲間だけで引越しをする場合には、いいことだけでなくデメリットもあります。自分で引越しをする場合の困ったところは実際にやってみると、引越しを自分で行ったほうが高くついたということになることもありがちなのです。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、引越しが終わったらごちそうするなり、お礼をしたり、車もレンタカーなどで借りたりして、後から考えると引越しを業者に頼んだほうが安くついたという話もよく聞きます。そして、自分達だけで引越し作業をする場合は、引越し業者のスタッフのように、それを専門にやっているわけではありませんので、実際にはそういうことは多いと思いますが、思ったより荷物が多くて積みきれなかったとか、色々とも問題が出てくる可能性があります。現実にそういうこともあるので、引っ越しを自分ですることはメリットもありますが逆に高くついてしまうこともありますから、一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。

 

 

茨城から新潟への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の料金が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の料金が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
茨城から新潟への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の料金が相場です。

上記は、茨城から新潟への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

もちろん引越しの料金は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

引越し料金は、同じ引っ越し先、同じ人数であっても、
荷物の量や、マンションの高層階やエレベーターの有無といった搬出・搬入のしやすさなど、

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

茨城から新潟への引越し 参考データ

茨城、新潟間の直線距離は約214km(県庁所在地間)

 

■新潟市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
新潟市役所 〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

 

【電力】
東北電力コールセンター フリーダイヤル(0120-175-266)
電話受付時間:月曜〜金曜 9時〜20時、土曜 9時〜17時 
祝日・年末年始(12/29〜1/3)は除く。

 

【ガス】
北陸ガス新潟支社 025-228-2131
月〜土 8:30〜17:10(祝日・年末年始 12/30〜1/3 を除く)

 

【水道】
新潟市水道局 お客さまコールセンター
フリーダイヤル 0120-411-002
受付時間 午前8時から午後9時 年中無休